FXにおけるマージンコールとロスカット

マージンコールとロスカットが意味するものは、リスクの高いFXにおける安全のための防止策。FXで不測の損失を拡大しないよう、FX業者が定めているのがマージンコールとロスカットです。

マージンコールもロスカットがどのような基準で設定されているのかというと、必要保証金の額を基準にしています。マージンコールとロスカットは、FX業者が定めた基準を下回った場合に発動されます。発動された後は、追証やポジションの解消、強制決済などの措置が講じられます。

マージンコールとロスカットの違いは、マージンコールをイエローカード、ロスカットをレッドカードと例えるとわかりやすいかもしれません。ロスカットは最終的な防御壁とも言えるもので、マージンコールと比べ、強制力が強いものです。

FX業者のすべてがマージンコールとロスカット採用しているわけではありませんので注意が必要です。FX業者選びでは、人によってさまざまな条件・基準をもとに吟味するのでしょうが、安全な取引のためには、マージンコールとロスカットの有無はぜひともチェックしておきたいところです。